安全なイベント運営について


フェイスペイントイベントを実施する場合は、

営利非営利問わず、イベント業務者には下記の責任が伴ってきます。

<筆・水を使った顔料が皮膚に浸透する画材でイベントを行う場合>

☐ 参加者には、参加前にパッチテストを行うこと。

☐ 注意事項(資材および施術に関するリスク)の説明を事前に必ず行うこと。

☐ お客さまごとに筆の洗浄と水の入れ替えを行うこと。

☐ 業務排水として認められた場所に廃棄すること。

<当協会推奨資材でイベントを行う場合>

☐ 注意事項(資材および施術に関するリスク)の説明を事前に必ず行うこと。

☐ お客さまごとに、道具の洗浄を行うこと(拭取りのみ)

〜上記いずれの場合でも〜

・美容師免許を取得者の場合は、保健所への美容所申請をお忘れなく。

・美容師法適用外で行う場合は、販売促進を目的とすることから、

 対象資材の商品名を明確にし、かつ実際に店鋪で販売している(購入できる)商品である必要がございます。 ※インターネットでの販売は、認められません。

・使用する資材の安全性の確認の仕方

 └メーカーから「安全証明書」を発行してもらう。

 └メーカーから「注意事項」と「対処方法」のレクチャーを受ける。

「美容師免許資格は必要ない」と謳う団体がございますが、省庁確認をしたところ「国会資格であり代替資格は一切認めておらず、収益を挙げていた場合詐欺行為に当たる可能性がある」とのこと。

ご注意ください。

確認元:厚生労働省 生活安全局


<ご注意事項>

一般社団法人日本フェイスペイントイベント協会™は、フェイスペイントイベントに関する安全な知識や活動を普及するため、フェイスペイントに特化した運営方法を厚生労働省確認のもと、安全の本質を追求しかつ法令を遵守したガイドラインを策定した日本で初めての団体です。国家資格である美容師免許の代替資格を謳う団体や、違法な仕事あっせん、安全性を証明できない画材を使用する団体の報告や中止事例、お問い合わせが増加しておりますのでご注意ください。※「日本フェイスペイントイベント協会」は登録商標です。

© 一般社団法人日本フェイスペイントイベント協会

  • Facebook Social Icon