<ご注意事項>

一般社団法人日本フェイスペイントイベント協会™は、フェイスペイントイベントに関する安全な知識や活動を普及するため、フェイスペイントに特化した運営方法を厚生労働省確認のもと、安全の本質を追求しかつ法令を遵守したガイドラインを策定した日本で初めての団体です。国家資格である美容師免許の代替資格を謳う団体や、違法な仕事あっせん、安全性を証明できない画材を使用する団体の報告や中止事例、お問い合わせが増加しておりますのでご注意ください。※「日本フェイスペイントイベント協会」は登録商標です。

© 一般社団法人日本フェイスペイントイベント協会

品川区のオリンピック・パラリンピック正式支援団体に認定

 

フェイスペイントを活用したイベントや地域社会・経済貢献に関するノウハウやガイドラインの普及や啓蒙活動を行う、当一般社団法人日本フェイスペイント・イベント協会(JFEA)は、東京都品川区オリンピック・パラリンピック準備課 により2020年東京オリンピック・パラリンピックの正式支援団体「しながわサポーター」として正式に認定されました。

 同協会は、区主催のスポーツ関連イベントに参画するだけでなく、品川区をロールモデルとしながら、全国区で日本のスポーツツーリズムや、2020年以降を視野に入れた地域活性化のプラットフォームとして活動を行なってゆく。





 正式認定団体としての初めての活動として、品川区制70周年記念事業ともなる東京2020オリンピック・パラリンピックの1000日前(※)記念イベント「1000日前フェスタ」に出展するこが決定。子どもたちだけでなく、障碍(がい)者もふくめたすべての方に、国産の安全な専用絵具を使用したお絵描き教室型のワークショップを行い、誰でも簡単にイベントが開けることを普及してゆく。

 (一社)日本フェイスペイント・イベント協会は、これまで「技術」よりも「アイデア」や「遊び心」のほうを重要視したワークショップを推奨しており、誰もが楽しめる安全で安心で美容師法に抵触しないイベントの運営ノウハウをガイドライン化し、ホームページなどで発信してゆく。

フェイスペイントはSNSとの親和性も高く、ハロウィンを機に一気に普及し、2018年のワールドカップや、2020年の東京オリンピック、地域創生手法としても注目されており、市場を大きく広げている。

 これに伴い事故やトラブル、問い合わせの事例も増えてきており、イベント団体や職業としてのフェイスペインターなどは国家資格となる美容師免許の必要性や保健所への美容所申請が必要となるが、美容師法に抵触しているイベントや個人が社会問題ともなっているため、同協会では、ホームページなどを通じて法律に抵触しないための知識や、運営手法、安全で衛生的な資材の紹介などを行なっている。

※正確には10月28日が東京2020オリンピック・パラリンピックの1000日前

<品川区制70周年記念事業「1000日前フェスタ」開催概要> 平成29年9月9日(土) 午前10時00分〜午後3時00分 

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000031800/hpg000031782.htm


▶「しながわサポーター」について

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000029100/hpg000029005.htm


プレスリリースはこちらから

  • Facebook Social Icon